ネットショップの開業方法

ネットショップの開業個人事業主として開業するにあたり、まず、開業届けを所管の税務署に提出します。
販売商品、業種によっては、許認可(許可申請)が必要なこともあるので注意が必要です。

 

029485.jpg

そもそも、ネットショップで開業手続きは必要?

年間20万円以上の副収入があった場合は、確定申告をして、
税金を別途納める必要があります
その際、個人事業主として開業しているならば税金の優遇をうけることができます
個人事業主に関しては、税務署に申告すれば副業でネットショップを運営したいと考えている人も開業することができます。
 

個人事業主として開業したい方

株式会社を設立しようとお考えの方

 

個人事業主の開業方法

個人事業主として開業するための手続きは意外と簡単です!
税務署に開業届けを提出し、青色申告承認申請書も提出しましょう!
これで認められれば開業成立です。
 
 

個人事業主として開業するメリット

青色申告の承認を受けることにより、節税できる可能性があります。
申告には青色申告と白色申告の2種類あり、青色が少々複雑なもの、白色が簡易なものになります。青色申告だけに適用する税金の優遇制度があるのです。
※最大65万円、税金が優遇されます。

その分、日々の記帳もしっかりと行わないといけませんが、白色申告でも売上を把握するために記帳が必要なので、結局どちらにしろ記帳は必要です。
 

その記帳を月々1500円から外注しませんか?

記帳をしっかり行おうと思うと、仕訳など経理・税務の知識が必要となります。これには意外と時間をとられてしまい、本業のネットショップ運営に集中できない・・・。といった方も多くいます
月々1,500円から可能な、ネットショップオーナー様専門の税理士による記帳代行(帳簿作成代行)を一度ご検討ください。


年末、確定申告、決算まで安心の対応が可能です!不安ごとはなくし、本業に専念してください!
 
詳しいサービス内容は、こちらをご覧ください

 

 

その他のコンテンツはこちら

開業時の注意点

開業時に必要なもの

会社設立サポート

記帳代行サポート


 

ImgTop10_01.jpg

 

当事務所に関する詳しい内容はコチラ

kotira.png

事務所紹介

アクセス
お客様の声 無料相談
料金表 HOME

 

ImgTop2.jpg