広告宣伝費の仕訳

cafe_nomad_woman.png
ネットショップを自作サイトにて運営する場合、お客様を
獲得するために、「WEB広告」「SEO対策」を行うと良い
でしょう。
上記対策を講じることにより、お客様の流入数
を増やすことができるからです。

このページでは、WEB広告(PPC広告)に伴う仕訳方法
をお伝えいたします。

 
 

WEB広告とは

これらのサービスは、PPC広告(Pay Per Clickの略)と呼ばれており、検索エンジンにて検索した場合に、検索キーワードに基づいて掲載される広告のことです。
 
検索窓の下のところにピンク色の背景でサイトが紹介されていますが、そちらのことを示しています。
 
よく使われているWEB広告には「Yahoo!リスティング」や、「Google Adwords」などが挙げられます。
 
この広告は、PPC広告というように、掲載回数ではなくクリック数に応じて課金されます。
つまり、クリックされることにより広告費が発生するのです。
 

WEB広告の支払方法

WEB広告は事前に入金を行い、クリック数×クリック単価分が消費されていくという仕組みです。
 
PPC広告では、請求書は郵送されませんが、毎月の利用料金明細を記載した請求書等をオンラインにて印刷することができます。
 
 

クレジットカードから広告宣伝費が引き落とされた段階での仕訳

PPC広告は、クレジットカードで決済されます。
ネットショップの運営者様は個人カードを登録されている方もいらっしゃいますが、コーポレートカードではなく個人カードを使用している場合には、立替経費精算を会社との間で行う必要があります。
 
この場合、借方に「未払費用」、貸方に「現金預金」とするのが良いでしょう。

(例)
借方   貸方  
未払費用(Yahoo) ○○○○ 現金預金 ××××
未払費用(Google) △△△△    
 

 

ImgTop10_01.jpg

 

当事務所に関する詳しい内容はコチラ

kotira.png

事務所紹介

アクセス
お客様の声 無料相談
料金表 HOME

 

ImgTop2.jpg